機能訓練指導員

機能訓練指導員

兼西真行

デイサービス

機能訓練の成果が仕事のやりがい・喜びです。

担当業務

施設や事業所のご利用者お一人おひとりが、住みなれた地域でその人らしく生活するために必要な身体能力や生活能力、趣味、社会参加などに必要な機能訓練を提供しています。
具体的には、集団体操の考案や実施、ご利用者の身体機能や日常生活動作の評価、個別機能訓練、ホームエクササイズの指導のほか、介護職員への介助指導、機能訓練計画書の作成、介護予防センターでの講演や体操指導などをしています。

プライベートの自分

日本や海外のサッカーを観戦しています。
故郷である北海道のクラブチームを応援しており、関東のスタジアムに来た時には出来る限り観戦に行きます。
海外サッカーはインターネットやテレビで観戦しています。
地元札幌での観戦の時は、その後にジンギスカンを食べる事が多いです。

フロンティアを選んだ決め手

面接前の施設見学に伺った際、ご利用者だけでなく職員も楽しそうにのびのびと業務に勤しんでいたように見えた事。年間休日数も多く、仕事だけでなく自己啓発の時間や家族とのプライベートの時間もたくさん確保できそうだと思ったところです。

この仕事で魅力・やりがいを感じること

「階段やタクシーの乗り降りが、楽になってきたよ」など、機能訓練の成果がでたお話しや、「自宅で出来る運動として教えてもらった背筋を伸ばす運動だけど、空き時間にやるようになったよ」など、体操が習慣化したお話を聞くと、とてもうれしい気持ちになります。日常生活がしやすくなって、今まで以上に日々を楽しく過ごせるようになったとご報告を受けると、この仕事を選んで良かったと思います。

日ごろより心がけていること、大切にしていること

新しい専門書や文献、テレビ番組やインターネットなどで、日常的に情報収集を行っています。専門的な側面だけでなく、一般的な医療のトレンドも可能な限り気にかけるようにしています。それから、コロナウイルスが流行している現在は難しいですが、講習会や講演会にも参加し、そこで得た情報や知識などを職員で共有することも大切にしています。

就職活動中の皆さんにメッセージ

焦らず深く考えすぎず、1人で抱え込まずに一歩一歩頑張って下さい。

TOP
TOP