生活相談員

生活相談員

デイサービス 
高木 龍一

リターン

リターンしていろいろ気付きました

フロンティアでまた働こうと思ったきっかけを教えてください

まず、退職した理由ですが、デイから特養への異動で夜勤をすることになり、若い時にがむしゃらにやってきたので、本当にやりたいこと・自分のスキルを活かせることは何か、を見つめ直したいと考え始めました。そんな時に他の法人から特養の生活相談員をやらないか、と声がかかって自分の力を試そうと思い決断しました。でも、新しい職場でも暫くは現場に入ってほしいと言われ、結局夜勤をすることになってしまって…やっぱり「これは違う」と。それでハローワークや東京都福祉人材センターの求人を見たり、相談会に参加して現在の自分の状況や悩んでいることを話しながら仕事を探しました。求人はやっぱり特養が多くて、自分がやりたい仕事にはもう出会えないのかな、とモヤモヤしていた時にフロンティアで以前に勤務していた事業所の園長から「もう一度一緒に働かないか」と声をかけていただいたことがきっかけです。

フロンティアの良いところは

実施している事業の幅が広いので、一度退職した人でも、その人の思いやスキルを活かすように考えてくれるところですね。これは退職しなければ気付かなかったことでした。
いつでもウェルカムな雰囲気で、退職した時の職場の職員も戻ってきたことを喜んでくれ、声をかけてくれたことにほっとしています。
それから、事業所数がたくさんあるので異動するだけ仲間が増え、仕事で困っている部分もいろいろな職員に相談したり協力し合うことができるのも魅力です。当時は「また異動か…」と思ったりしましたけどね(笑)。

自分の思いを活かせていますか

デイサービスに再就職してみて、介護や介護支援専門員のスキルを活かせていると感じているので、今とてもやりがいがあります。ただ働いて疲れる、というのではなくて充実感を得られている感じがします。
再就職の雇用形態が「契約職員」ではあったのですが、例えば体力的に夜勤はできない、など働く上で自分ができること・できないことが整理できたことで気持ちもすっきりして働けています。
精神的な余裕が持てるようになったのか、今までは「こんなに一生懸命やっているのに」と思ったりしたことも、「自分に何が足りないのか」を考えるようになり、仕事への向き合い方も変わったと思います。

これからの目標は

認知症対応型デイサービスで求められる生活相談員の役割を突き詰めるために、特養での介護経験や居宅介護支援事業所でのケアマネジャー経験を活かして、ご利用者が在宅で生活し続けられるようにしていくこと、またご家族へのケアとともにご利用者に関わるケアマネジャーや他の事業者も含めた全体像を常に意識した動きができる生活相談員になれるようスキルを上げたいと思っています。

就職を考えている方へ一言

自分の関わり方一つで、ご利用者が心を開いてくださったりそうでなかったり…大変な仕事ではありますが、それを繰り返して信頼関係が作れたり、ご利用者やご家族の本当の思いに気付けると嬉しくなります。ご利用者のみなさんは人生の大先輩なので、関わっていくことで仕事の面だけでなく自分の人生経験が豊かになると思います。また、様々な人との繋がりができていく面白さがあります。そういった醍醐味を感じてもらえる魅力的な仕事ですから、仲間になって一緒に頑張りましょう!

TOP
TOP