介護職員

介護職員

特別養護老人ホーム 
清水 綾乃

未経験転職

他業種からの転職、未経験でスタートしました!

以前の仕事は

最初は自衛隊に10年、その後暫く家にいて、次の仕事は民間企業で営業事務を6年やりました。自衛隊は、制服が格好良かったので単純に海上を選びました(笑)。

福祉の仕事につくきっかけは

退職後、祖父母が相次いで入院したのですが、祖父の主治医から「認定調査は受けていますよね?」と言われ、何のことか全く意味がわからなくて。それで聞き返したら今すぐ受ける手続きをするように、と言われて話を聞きに行ったのですが、自分が「介護」について制度やサービスなど何も知らないことに気付いて…祖父母だけでなく、将来的に両親に必要になるかもしれないですしね。
そんなことを思いながら、仕事もまた始めようと思ってハローワークに行った時に目の前に『介護をしませんか』というポスターがあって、それを何気なく見ていたら興味があると思われたようで、担当の職員さんに声をかけられたんです。それで、介護について何も知らなかったことを話したら、東京都の介護職員初任者研修資格取得支援事業を案内してくださいました。無料で受けられて基礎的な知識も得られるならやってみよう、と思って軽い気持ちで始めたのですが、やっているうちにいろいろ興味も湧いてきて…そんな時に祖母が退院してきたので勉強したことを話したり口腔体操をしてみたりしました。初任者研修を無料で受講する必須条件になっていた3日間の介護職場体験はデイサービスで、始めはとても緊張しましたがご利用者が話しかけてくださったり、レクリエーションをお手伝いしたり、結構楽しく3日間を過ごすことができたので「やってみよう!」と思って就職を考えました。

フロンティアを選んだ理由は何ですか

家から近いところを考えてはいたのですが、見ただけでは全然わからなくて。いくつか就職説明会は行っていたのですが、東京都福祉人材センター主催の合同就職説明会に参加した時に最初に声をかけてくださったのがフロンティアでした。そこで私が思っている不安を話したり、質問に1つ1つ丁寧に答えていただき、家の近くにある法人の施設を紹介されました。実際に行って見学してみると、職員の皆さんが明るく「こんにちは!」とあいさつしてくださったり、ご利用者もニコニコと笑顔だったので雰囲気が良いなぁ…と感じました。家から近いし、この2点が決め手ですね。

現在の仕事に前職が役立っていることはありますか

シフトに適応できる体力かな?(笑)。前職の営業事務ではお客様や電話の対応が多かったのでコミュニケーションスキルが役立っているように思います。

未経験で飛び込んだ福祉の仕事は実際に働いてみていかがですか

初めは一言、大変でした…(笑)。毎日業務としては同じことをやっていますが、ご利用者の体調は毎日違うので、その対応の仕方も違ってくる。それに、イレギュラーなことも入ってくる。でも、それを全部やっていたら終わらないので何を優先していくのか、対応力や判断力が求められます。人対人の仕事ってそういうことなんですね。仕事を覚えながら対応しなければいけなかったので大変でした。
入職して4年くらいですが、人生で初めて救急車に同乗しましたし、救急車を呼ぶまでの救急隊員とのやり取りがあることも初めてわかりました。先輩方に教えてもらいながら、そういったいろいろな経験を積み重ねてきて今は少し心の余裕を持てるようになったので、イレギュラーなことにも焦らずに対処できるようになってきたと思います。本当は焦っているんですけど(笑)。
大変な仕事ではありますが、やりがいがあるので辞めたいとか行きたくない、と思ったことは一度もありません。ご利用者とお話ししたり一緒に植物を育てたりしている時の嬉しそうなお顔を見ると「やって良かった」と思います。絵を書いたり装飾品を作る時も、ご利用者が「こうした方がいいわよ」って教えてくださったりして、お一人お一人の得意な部分を発見できたりするのも楽しくて、私の中ではそういう面がとても大きく占めているので続けられていると思います。
それから、「ああすれば良かった」「こうしたら良かったのではないかな」と自問自答する時もあるのですが、そういった思いを話せる職場なのでアドバイスをもらえたり、違った視点に気付かされたりして助かっています。
ご利用者にとっては、第二の人生をこの施設で過ごされるので、少しでも穏やかに楽しく、そしてご自分らしく毎日を送っていただけるようにと思いながら仕事しています。

TOP
TOP