相談員

地域包括支援センター

大澤友子

相談員

実際に働く事務所の雰囲気が明るかったので就職を決めました。

担当業務

地域の高齢者の困りごとの相談対応をしています。
介護保険等申請のお手伝いの他、相談内容によっては関係機関を紹介します。
高齢者虐待の事案には時間をかけてチームで対応しています。

プライベートの自分

学齢期の子供が3人いるので、休日も自分の時間を確保するのが難しいです。
まとまった時間がとりにくいので、いくつかある趣味の中で今は読書をすることが多いです。
家事の合間の細切れの時間で本や雑誌をみるのが楽しみです。

日ごろより心掛けていること、大切にしていること

日々の業務で時間に追われていると、相談対応中にこちらの考えを早く提示したくなることもあります。
そういう時こそ意識して利用者さんの話をしっかり聴くように心掛けています。
逆に時間のない相談者の方に対しては、手短に必須事項をお伝えしなければならず、手元のメモで漏れがないかチェックしながら対応しています。

フロンティアを選んだ決め手

社会福祉士として仕事がしたくて就職活動をしていました。
いくつか地域包括支援センターを見て回っている中で、一番事務所の雰囲気が明るかったのがフロンティアでした。
面談中に、勤務している職員とお話しすることが出来たのもこちらだけでした。
実際に勤務する事務所の印象が良かったのが決め手となりました。

就職活動中の皆さんにメッセージ

相談員の業務は幅広く、実際に働いてみないと具体的にイメージしにくい面があると思います。
ちょっとした知識が仕事のうえで役に立ったりするので、色々なことにアンテナを張るようにしています。
就職活動中は様々な人に会うことができるので、仕事とは直接関係ないように思えることでも興味関心をもって臨んでください!

TOP
TOP